クリスマスマーケット2018日比谷の混雑状況とリアルタイムは?回避する方法も

クリスマスの足音が近づく季節になりましたね。

ハロウィンが終わり、11月にはいると、クリスマスのイベントがあちらこちらで開催されます。

そのイベントの中で、クリスマスの楽しみが凝縮されているのが、クリスマスマーケットです。

クリスマスマーケットは、ヨーロッパ発祥のお祭りで、屋台で温かい飲み物や食べ物が楽しめる他、クリスマス雑貨を購入することもできます。

最近は日本でもクリスマス時期の風物詩として、定着し、日本各地で開催されています。

特に日比谷公園で行われるクリスマスマーケットは大人気で、開催期間は10日ほどと短いにもかかわらず、20万人以上の来場者を集めます。

行ってみたいけど、混雑状況が気になるというママさんも多いでしょう。

そんなママさんの為に、今日はクリスマスマーケット2018日比谷の混雑状況と回避方法を解説します。

 

スポンサードリンク

 

混雑状況

 

開催期間は2018年12月14日(金)~12月25日(火)11時~22時(ラストオーダー21時半)です。

場所は各線からのアクセスもよい日比谷公園です。

今年の混雑状況はまだ分かりませんが、SNSで過去の混雑状況をみてみましょう。

 

 

10日間で20万人以上の人出なので、行列、なかには入場制限という口コミもありました。

今年も混雑、間違いなしでしょう。

 

スポンサードリンク

 

リアルタイムで知る方法

 

リアルタイムで混雑状況を知る方法は、SNSが便利ですよ。

#東京クリスマスマーケット 混雑
#東京クリスマスマーケット 行列

以上のようなハッシュタグで検索してみましょう。

 

 

行ってから、入場制限や売り切れを知るより、事前にリアルタイムでわかるほうがいいですよね。

 

スポンサードリンク

 

回避する方法

 

前述のように混雑必至の日比谷公園のクリスマスマーケットですが、少しでも混雑を回避する方法がないか調べてみました。

参考にしてみてくださいね。

 

平日昼を狙う

 

都心から徒歩圏内とアクセスもよいことから、夕方から夜にかけて、会社帰りのOLやサラリーマンで賑わいます。

特に夜はライトアップもあり、華やかな雰囲気が漂う為、18時くらいから混雑します。

反対に平日の昼間は、子供連れなどが多いものの、比較的混雑していないようです。

 

 

ちなみに、土日祝日は、昼間でも混雑しているようです。

 

クリスマスはNG

 

23日の天皇誕生日から25日のクリスマス最終日の3日間は、クリスマス本番の為、平日昼間でも大混雑するようです。

 

歩くのもやっとという声もあったので、混雑を避けたいなら、敢えてここに行くのは辞めるのが賢明でしょう。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

  • 日比谷公園で行われる東京クリスマスマーケットの開催期間は、2018年12月15日(土曜)~12月25日(火)11時~22時(ラストオーダー21時半)。
  • 10日の開催期間で20万人を集客する大人気イベントな為、毎年混雑するようです。
  • リアルタイムに混雑状況を知るには、SNSでハッシュタグ検索が便利です。
  • 混雑回避のおすすめは、平日の昼間です。夜は会社帰りのOLやサラリーマン、ライトアップ目当ての人で混雑します。また12/23~12/25のクリスマス本番は特に混雑します。

 

いかがでしたか。

平日の昼間は比較的あいていて、子連れのママさんにはおすすめです。

でも夜の雰囲気を楽しみたいというママさんは、防寒をしっかりして、混雑覚悟でいってみましょう。

飲食店の周りには、テーブルがありますが、ほとんど埋まっているようです。

その場合、暖房つきのテントに行ってみてください。

飲食店ブースから少し距離があり、意外とあいていることもあるようですよ。

逆にステージテント前は、ショーを見ながら飲食する人が多いため、回転率が悪いようです。

混雑している為、子連れでいこうとするママさんは、お子様の迷子に気をつけてくださいね。

詳細

東京クリスマスマーケット2018/10/30

開催期間:2018年12月14日(金)~12月25日(火)
開催時間:11:00~22:00 ※L.O. 21:30
場所:日比谷公園
入場料:無料

スポンサードリンク

こちらも読まれています