これからの子育ては「心」がポイント

これから母になる方へ

あなたには「母になる覚悟」ありますか?

 

こんにちわ
感謝マニア@ミコハチです

感謝について今日も研究しています

 

 

わたしは妊娠がわかってから

人の心はどのように成長していくのか

とても興味が湧いてきました

 

わたしの心はどのような順序を辿って
今の状態まで成長してきたのか

その成長はどの段階で始まるのか

心の成長段階に親としてできることは何か

 

今も継続してるんだけど
体の成長より心の成長に興味があるんです

 

それは
わたしが心の成長で苦労したから

娘にはわたしのような余計な苦労はさせたくない
素直にやりたいことができる生き方をしてほしい

 

そのためには
きっと母であるわたしの関わり方がキーポンイントだな
とウスウス感じていたので

妊娠をキッカケに
心の成長について学び研究するようになったんです

 

三つ子の魂百まで

3歳までって体にとっても心にとっても
とってもとっても大切な時期

その時期を親としてどう接するか
親として最大限できることは何か
親として知っておいた方がいい知識はあるか

とても参考になったのが
今日紹介する

ばあちゃん助産師坂本フジエさんが書いた
ばあちゃん助産師(せんせい) こころの子育て

です!

 

坂本フジエさんとは?

和歌山県で助産所を営む
大正生まれのおばあちゃんです
坂本助産所

今年94歳のはず

ビックリしますが現役!

 

この助産所が近くなら
ここで産みたいと色々調べたくらいです

さすがに和歌山の田辺は遠すぎる…涙

 

坂本さんが書いた本は韓国や台湾でも訳され
とても人気があります

 

多くの知識と経験、実績
そして溢れる優しさと厳しさを持った
おばあちゃんのような助産師さんは

今の時代
ママになるわたしたちにとって
大きな力と勇気そして癒しになります

 

0才でこころの根っこを育てたら、子育ては半分終わったようなもんや

0才という時期
動けないししゃべれない赤ちゃん

泣くことが仕事と言われる時期

人への信頼の根っこをつくる一年。
ここでめいいっぱい甘やかした子ほど
自立が早い。
にこやかに人生歩いていける。

P38より

 

この言葉に出会って
わたしは0才の1年間しっかり甘やかそう
と決めました

 

この1年間、心を込めて濃密に養うことで、
あとは放っておいてもよい子に育ってくれます。

p39より

 

たった1年ガッツリ甘やかすだけで
放っておいてもよい子に育つなら
そんなにいいことはないじゃないですか

ってか、こんなにラクなことはない!

 

わたしが思春期から大人になるまで
母に心配と迷惑をかけ倒し
格闘してきたので

母はホントに大変だったろうなぁと
逆だったらイヤだなぁと…笑

 

たった1年でその可能性を薄くできるなら
なんでもやるよ〜〜〜

という感じでした

 

何を隠そうわたしのため

ガッツリ損得勘定で
1年間 心を込めて濃密にお付き合いすることにしました

 

それでもいいじゃないですか

ママだからってそんなに聖母にはなれないし

今苦労するか後から苦労するか…

同じ苦労なら今した方が
きっとラク
そんなわたしの気持ちを
後押ししてくれた言葉です!

 

悩みの9割は対人関係による

と言われている中

人とにこやかに関わっていける
ことは絶対に強みになる

その強みの根っこが
0才のときに決まる!

知ってしまったら
やってみたくなるのがわたしの好奇心

 

泣いたらすぐ抱っこ
ゆらゆらして話しかける
おっぱいもたっぷり
オムツも楽しく変えたり
寝不足なんてなんのその
3時からオモチャで遊ぶこともあったし
朝の6時まで起きてたこともある
パパのご飯はお弁当でも
離乳食は手作りってことは当たり前
テレビの時間はグッと減ったし
スマホの時間もかなり減った
おかげで連絡取れない人になった…汗

 

それでも娘ちゃんとの信頼関係を築く方が
0才の1年間は大切!

と決めていたから
苦にはならなかったよね

人って決めればデキる生き物です

 

体の発育より大切なものが詰まってる

特に0才の時って
首がすわったり、寝返りしたり、
そのあとはハイハイしてお座りして
つかまり立ちして、つたえ歩き…

みたいな
体の発育に注力してしまうけど

それってほっといても栄養さえ取ってれば
いずれそうなること
よく言う話だけど
大人になって歩けない人って
そうそういない

 

だけど
大人になって心に問題を抱えている人って
たくさんいる…

親との関係性に問題が隠れてるケースが
とっても多い

 

だからね体の発育なんて
検診で「問題ないですね」「順調ですね」って言われてれば
ホントに気にしなくてもいい

 

それより目の前にいる子どもの
心に目を向けた子育てにシフトした方が

子どもが大人になるにつれて
大きな力になる!

 

答えが出るのはずい分先の話だけど
その答えをみ続けてきた
90代の助産師のおばあちゃんの言葉は

未来を先取りできて
やってみようと思える説得力に溢れてた

 

1歳3ヶ月になった娘ちゃん

実際のところ
自立が早い…

最近はわたしがいなくても
安心して遊べている様子に

今のところ信頼関係をしっかりと築けているかな
と自画自賛ですね

 

 

スポンサードリンク

こちらも読まれています