日光紅葉2018の渋滞と混雑情報!平日と土日の攻略&オススメスポットの見頃も

日光と言えば、関東からは日帰りも可能ということで、秋の紅葉ともなると、毎年大渋滞が避けられないほどの大人気スポットです。

子供にも世界遺産を見せたいし、紅葉も見たいけど・・・

今年の見ごろはいつ?

渋滞を避ける方法はあるの?

子どもが喜ぶスポットは?

など、子連れで日光の紅葉を楽しむための攻略法をまとめてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

日光とは

古くから「日光を見ずして結構と言うこと莫れ」と言われる観光名所の日光。

世界遺産の日光社寺をはじめ、日本三名瀑「華厳の滝」や景勝地「中禅寺湖」、温泉郷「鬼怒川温泉」、など名所や見所に尽きません。

特に、世界文化遺産の「日光東照宮」や、落差97mと圧巻の「華厳の滝」は、お子さんに一度は見せてあげたい名所ですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

渋滞&混雑情報

そんな日光ですが、紅葉のシーズンともなると、土日だけでなく、平日でも必ず大渋滞になります。

何もない平日でも混雑することがあるようですので、残念ですが、紅葉の季節に渋滞を避ける方法はまずありません。

特に人気の「いろは坂」では、追い越しもUターンもできないので、渋滞にはまってしまったら最後です。

子供連れの場合は特に、トイレも心配だし、子供が退屈してぐずり出すのも困るし、渋滞必須の日光はあきらめた方がいいのでしょうか。

いえいえ、あきらめてしまうにはもったいないほどの魅力が日光にはあります。

年に一度のチャンスなので、攻略法を知って、お子さんと素敵な日光の思い出を作ってくださいね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

攻略法

渋滞が避けられないという日光の紅葉ですが、少しでも混雑をさけるには、どうしたらよいのでしょうか。

渋滞を避ける方法には、大きく分けて曜日を選ぶ、時間帯を選ぶ、時期を選ぶ、の3つの方法があると思います。

混雑必須の日光の紅葉は、この3つの方法で攻めてみたいと思います。

 

曜日(平日か土日か)

シーズンともなれば、観光バスの数も増え、混雑は一層激しくなるようです。

そして、シーズン中は毎年、平日もかなり混雑するとのことで、曜日を選ぶ効果はあまりないかもしれませんが、やはり土日に比べれば、平日の方が空いているようです。

混雑しているとはいえ、少しでもましな方がいいに越したことはないので、どちらかと言えば、平日を選んだ方が良さそうですね。

 

時間帯

平日も土日もどっちも混雑する日光の紅葉スポット。せめて、空いている時間帯を狙って行きたいですね。

日光の紅葉スポットが比較的空いている時間帯はというと、ずばり早朝でしょう。

早朝の紅葉なんて、想像しただけですがすがしくていいですね。

とは言え、朝8時には込み始めるスポットもあるので、早朝と言ったら、本当に早い時間、8時よりも前を狙って行きたいですね。

また、特に昼頃はもっとも混雑するので、絶対に避けてくださいね!

 

時期

意外かも知れませんが、日光の紅葉のピークは、他の名所に比べて1か月早いのです。
この時期は、一足先に紅葉狩りを楽しみたい人が全国から押し寄せるため、もっとも避けたい時期です。

ピークを避けたら、紅葉が終わってしまうのでは?と心配になるところですが、桜と違って、紅葉の時期は2か月近くと長いので大丈夫。

大勢の人がつめかけた後を狙って出かけましょう。具体的には10月下旬がおススメです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

紅葉のオススメスポット

周辺を含めると、たくさんの紅葉スポットがある日光ですが、絶対にはずせないのが、「いろは坂」、「竜頭ノ滝」、「中禅寺湖畔」の3つです。

 

いろは坂

見ごろ:10月中旬~11月上旬ごろ

「いろは坂」は「日本の道100選」にも選ばれていて、日光の紅葉スポットの中でも人気ナンバーワンです。

「いろは坂」は「上り」と「下り」に分かれていて、紅葉のパノラマが楽しめます。

ですが、その分、特に「上り」の「いろは坂」の渋滞がひどく、通常15~20分ぐらいで通過できる距離に、3時間かかったりすることもあるようです。

とは言え、その美しさは一見の価値があるので、混雑する時間帯を避けて、是非とも見に行きたいスポットですね。

 

竜頭ノ滝

見ごろ:10月上旬~10月中旬

滝の名所でもある日光にはいくつかの滝がありますが、「竜頭ノ滝」は奥日光の三大名瀑の一つとされる非常に有名な滝です。

滝壺が2つに分かれている様子が、竜の頭に似ていることから、「竜頭の滝」という名前が付けられたそうです。

赤く染まった木々の中に、二頭の竜が現れたかのように見える紅葉の景色は、非常にドラマチックで、見ごたえがあります。

 

中禅寺湖畔

見頃:10月中旬~10月下旬

中禅寺湖は、自然湖としては日本で最も高い場所にある湖であり、湖と山が接近した、独特の景色を楽しむことができるスポットです。

湖に映り込む紅葉の美しさは、中禅寺湖畔ならでは。

是非一度訪れてもらいたいものです。

また、遊覧船も出ているので、お子さんのレクリエーションにぴったりです。

長いドライブにあきたころ、気分転換にクルージングなんて、お子さんがよろこびそうですよね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

まとめ

以上、日光の紅葉を楽しむためのポイントをまとめてみました。

  • 混雑はある程度覚悟する。
  • できれば平日を選んだ方がよい。
  • 早朝の時間帯を選ぶと比較的空いている。
  • 混雑のピークとなる、紅葉の初期を避ける。

 

ことが日光の紅葉狩りの攻略法のようです。

紅葉スポットでは、「いろは坂」、「竜頭ノ滝」、「中禅寺湖畔」の3つが特に人気ですが、お子さんを中心に考えるのなら、クルージングのできる「中禅寺湖畔」をコースに入れるとよいのではないでしょうか。

混雑することがわかっていても、訪れる人の数が減らない日光の紅葉。
それほどの魅力があるのですから、一度は訪れてみたいですね。

世界遺産もあり、遊覧船もあることから、攻略法さえ押さえておけば、お子さんとも楽しめそうです。
10月末を狙って、今年こそ日光へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

詳細

日光東照宮

住所:〒321-1431 栃木県日光市山内2301

TEL:0288-54-0560

URL:http://www.toshogu.jp/

スポンサードリンク

こちらも読まれています