たった100日で願いを引き寄せるノートの書き方!

引き寄せの法則が一般的に浸透し始めて、早10年ほど。随分とメジャーになりましたよね。

 

できれば、

ミコハチ
幸せな未来を楽してスイッと引き寄せたい(人‘▽‘☆) ルン♪

と私のように思う人、多いはずw

 

私、こう見えて(どう見えてるかは謎ですが(;゚∀゚))根がマジメのため、スイッチが入ると想像以上に頑張るタイプです。

頑張りすぎて、燃え尽きることも早いのが悩みのタネです (/_<。)゚・.

 

根がマジメさんほど、めっちゃ頑張っちゃう人が多いんですよね。

頑張ってる割に引き寄せられていない現実・・・ヽ( T∀T)ノ

 

 

引き寄せのコツはこちらの記事で書きました。

 

これだけで、スイッと引き寄せられたら、悩む必要もナシ!なのですが、そーもいかないのが、マジメさんの痛いところです。

 

 

今日は、1つ目の

 

  • 一定期間強く意識して、忘れること

 

について、私が実際にやっている方法をお伝えします。

 

 

私たちの言葉・思考・行動は支配されている

 

私たちの現実は、私たちの言葉、思考、行動からできています。

この3つを変えれば、おのずと現実は変わっていきます。

 

 

言葉、思考、行動の多くを支配しているのが、潜在意識です。

無意識と言い換えることもできますね。

 

 

私たちは、毎日どれほど意識して言葉を話しているでしょう。

日々の会話ってネガティブな会話もポジティブな会話も、無意識のうちに言葉をチョイスしていませんか?

でも、言葉って実はかなり影響が大きくて、たった一言で、思わぬ影響を起こすことって、少なくありません。

 

 

最近の例としては・・・小池百合子氏の「さらさら発言」や「排除発言」。

選挙戦が終わってもなお、小池氏の動向はトップニュースになっていますし、彼女もこれほどまでに影響があるとは思いもしなかったでしょう。

 

ちょっとした言葉のチョイスが、大きな影響を与えることは間違いありません。

 

でも、毎日の中で、言葉の効果を意識して話すことはほとんどないですよね。

無意識のうちに言葉をチョイスし、話していることが多いはずです。

 

 

思考も同じです。

24時間、意識して、考えをめぐらすことはまずありません。

ネガティブ思考の人は、無意識にダメだなぁと考えていますし、ポジティブ思考の人は、無意識に私はやれる!と考えています。

 

 

行動も、朝起きて夜寝るまで、だいたいの行動パターンって決まっていませんか??

 

 

私たちの言葉、思考、行動の大部分は無意識にチョイスされている=潜在意識に支配されていると言えるでしょう。

 

 

変化を嫌う潜在意識を変化させる方法

 

セミナーに行って、言葉、思考、行動を変えて、素敵な未来を引き寄せよう!と、やる気になって帰ってくるけど、3日もすると元に戻ってしまうのは、変化を嫌う潜在意識のせいです。

そのおかげで、私たちは、5年前とほとんど変わらない日常を送ることができます。

このまま潜在意識に支配され続ければ、5年後も間違いなく、今とほとんど変わらない日常を送ることができます。

 

 

自分を変えて素敵な未来を引き寄せたい!と本気で望むのであれば、潜在意識の支配から脱却し、新しい潜在意識に書き換える必要があります。

 

と聞くと、難しそうですが、コツがあります。

 

それが、一定期間、強く意識して、忘れることです。

※一定期間=100日くらいを設定している人が多いです。

 

 

 

強く意識する方法として、ノートに書くことがオススメです。

 

神田昌典さんの非常識な成功法則の中にも叶えたい願いをノートに書くと叶うと書かれています。

 

言葉、思考、行動が変化すると、未来は大きく変化していきます。

言葉、思考、行動を変化させるためには、潜在意識を書き換えることが近道です。

 

 

私が実際にやっている具体的なやり方は・・・

  1. 願い事を3つ決める(願い事は、15文字〜25文字くらいが良い)
  2. 大きく息を吸い、止める
  3. 息を止めている間に、1つ目の願い事を3回ノートに書く
  4. 大きく息を吐く
  5. 2つ目、3つ目も同様に繰り返す
  6. 息を吐きながら「ありがとうございました」と書く

 

願い事の決め方にもコツがあります

  • 100日以降に叶うもの
  • 否定形・形容詞は使わない(〜していません・〜きれい・かっこいいなど)
  • 完了形・進行形にする(〜しました・〜しています)
  • 15文字〜25文字くらい
  • 自分以外の誰かが幸せになることを頭の片隅におく

 

このやり方で、私は願い事をノートに書いています。

 

このやり方は、石田久二さんの「夢がかなうとき、「なに」が起こっているのか?」の中に書かれています。

とてもわかりやすく簡単なので、ぜひやってみてください。

 

 

100日続けることが潜在意識を書き換える

 

この他にも「新月の願い事」や「年始に目標を立てる」も強く意識するための方法の1つです。

 

そんなことで願いが叶うなら、多くの人は叶っているはずだ!と思う人もいるでしょう。

小池浩さんの「借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」に、書くだけなのに、やらない人が大半。だから叶わない。と書かれていました。

100日続けられない人が多いというのが現実のようです。

 

潜在意識は変化が大嫌いです。

逆に現状維持が大好きです。

 

毎日、願い事を書くことは、潜在意識にとっては大きな変化になります。

願いは叶えたい!でも、続けられない・・・。

 

逆に、書くことを強く意識して100日続けられれば、潜在意識を書き換えることができ、願いは簡単に叶うようになります。

 

潜在意識との格闘ですね エイッ!(ノ`・ω・´)ノ

 

 

忘れることが最大のポイント

 

引き寄せをするために、願い事を書き、潜在意識を書き換えたら、最後の仕上げは、忘れること

 

願いは強く意識した方がいいと言ったのに忘れるなんて、正反対のことを言ってるので、疑問に思う人もいるでしょう。

なぜ、忘れた方がいいのか、お伝えしますね。

 

 

100日過ぎても、願いを強く意識し続けることは「願いが叶っていない」からに他なりません。

 

すると、潜在意識は、願いが叶わない現実を、無意識のうちに引き寄せてしまいます Σ( ̄□ ̄ノ)ノ ナントッ!?

 

 

潜在意識を書き換えるのに必要な期間が100日。

潜在意識を書き換えたら、言葉・思考・行動は無意識に変化していきます。

すると、明らかに、環境が変わりだします。

 

無意識のうちに、自然と、なぜかわからないけど、環境が変わり始めるのです。

 

すると、願いはおのずと叶っていきます。

100日強く意識したら、あとは、潜在意識にお任せしましょう。

私たちにできることは、毎日を健やかに過ごすこと(人‘▽‘☆) ルン♪。

 

 

どんな風に願いが叶っていくかは、神のみぞ知る!

あの出会いは奇跡だった!あの出来事はシンクロだった!

後から振り返って、そんな風に語れるかと思うと、ワクワクしますよね.:゚+((Pq´∀`*)) .:゚+ワックワクゥ.:゚.

 

まずは、100日間、毎日、ノートに書きましょう(*´艸`*)

 

 

紹介した本のまとめ

 

初版は2002年。

15年たった今も色褪せない新鮮な内容です。

今回は新装版をご紹介しています。

 

 

願い事を100日書くための秘伝ノート付きです。

 

 

願いを叶えるための口ぐせがたくさん掲載されています。

 

スポンサードリンク

こちらも読まれています