MENU

おせちの意味一覧!黒豆・伊達巻・重箱など由来も

おせちの意味ってご存知ですか。

なんとなく「お正月に食べるもの」「昔は年末年始にお店があいていなかったから、保存食的なもの」という認識のママさんも多いのではないでしょうか。

勿論、それもありますが、おせちには家族が幸せに暮らせますようにという願いもこめられているのですよ。

おせちの定番の黒豆や田作りには、それぞれ意味があり、縁起物とされています。

「子供が嫌いだし、今年〇〇は省略しちゃおう」というママさんも、これを読めば、見方が変わるかも?

今日はおせちの意味とメニューにこめられる願いを解説します。

 

[adsense1]

 

目次

おせちの意味とは?

 

おせちはお節とも書きます。

この節というのは、節分というイベントもあるように、季節のことです。

季節の区切りにあたる節日(節区)は、桃の節句、菊の節句などがあり、この日に神様にお供え物をしたのが、おせちの由来とされています。

おせちの起源は古く、弥生時代にさかのぼるとされています。

江戸時代には今のお重にいれるスタイルが庶民にも広がったとされ、戦後にはおせちという名前が広がり、百貨店での販売もスタートしたそうです。

 

[adsense2]

 

重箱の由来

 

市販でも手作りでも、おせちといえばお重を想像される方が多いでしょう。

 

 

お重に詰めることにも、福を重ねるという意味があるのですよ。

来客にふるまいやすいほか、埃や虫からお料理を守るという利点もあります。

最近は三段重が普及していますが、五段重の場合は、お料理をいれるのは四の重までで、五の重は空けておくそうです。

五の重は、神様が授けてくださる幸福をいれるために、あけておくのです。

勿論、お重にいれず、お皿に盛りつけるママさんもいるかと思います。

 

 

おせちを重箱に入れるようになったのは、江戸時代以降とされていて、その前は膳でした。

どちらが正しいということはないので、そこはご家庭のやり方で大丈夫ですよ。

 

[adsense3]

 

おせちメニューの意味一覧

 

家族の好きなものをいれるのもおせちの楽しみですが、縁起物とされるおせちのメニューを意味、ご存知ですか。

諸説あるので、代表的なものを書いていきますね。

 

黒豆

 

邪気を払い、肌が黒くなるまでマメマメしく、健康に働けますようにという願いが込められています。

 

 

栗きんとん

 

見た目の黄色から、黄金にたとえられ、金運アップの縁起物です。

 

数の子

数の子はニシンの卵で、ニシンから多くの卵が産まれることから、子孫繁栄を願う縁起物です。

 

昆布

 

養老昆布(よろこぶ)とも書いて、不老長寿の願いが込められています。

他にも子生(こぶ)という当て字から、子孫繁栄の縁起物でもあります。

 

 

おせちには結び昆布や昆布巻きとして入るようです。

 

田作り

 

五穀豊穣の願いが込められています。

 

 

伊達巻

 

伊達というのは伊達メガネなどの言葉からも分かるように、お洒落という意味もあり、華やかな新年のご馳走にぴったりですね。

他にも巻物のような形から学問成就を願うなど諸説あります。

 

 

紅白なます、紅白かまぼこ

 

紅白でおめでたいことから、おせちの定番です。

赤は喜び、白は神聖を表しています。

 

 

海老

 

腰が曲がった髭をはやした老人にみえることから、長寿の縁起物です。

また海老は脱皮をすることから、新たな生命の誕生や出世を祈るという説もあります。

 

 

蓮根

 

穴のあいた蓮根は、将来の見通しがよいようにという願いがこめられています。

 

 

おせちでは、酢レンコンや煮物にいれる人が多いようです。

 

たたきごぼう

 

関西では、数の子、黒豆、たたきごぼうという祝い肴三種として、おせちの定番です。

力強く大地に根をはることから延命長寿の象徴です。

 

 

ちなみに関東では、数の子、黒豆、田作りが祝い肴三種とされていて、お住まいの地域で少し変わります。

 

[adsense4]

 

まとめ

 

  • おせちは神様へのお供えものとして弥生時代からはじまり、日本人の生活に根付いた伝統料理です。
  • お重につめるのは、福を重ねるという意味があります。最近は一人暮らしの増加やインスタ映えから、お重ではなく、お皿に盛るスタイルも流行しています。
  • 量や家族構成、ライフスタイルで柔軟に対応して大丈夫です。
  • おせちの定番メニューには、子孫繁栄、開運、長寿、金運アップなどの願い事が込められた縁起物です。

いかがでしたか。

このような知識を子供に教えていくことも、お正月の大切な食育かもしれませんね。

普段食べなれていない食材でも、こんな意味があると知ると、食べたくなるお子さんも多いでしょう。

[box class=”green_box” title=”こちらも読まれています”][kanren postid=”4707,4727″][/box]
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次