NHK夏休み子ども科学電話相談2018放送事故寸前?面白い!聞き逃し情報も

夏休み子ども科学電話相談は、夏休みの記事にこどもたちから寄せられる疑問に、各ジャンルの専門家が答えるというNHKのラジオ番組です。

例年、先生のキャラクターの濃いさから、こどもとの掛け合いで起こる予測不能な展開に、心を掴まれる大人も多いようで、今年も開催が決定した時にはツイッターのトレンド入りを果たしていました。

なぜそんなにもハマる大人が続出しているのか、その点についてまとめます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

子ども科学電話相談とは

子ども科学電話相談は、夏休み期間中にNHKラジオで放送されている番組です。

今年は以下の日程での放送します。

 

日程

2018年7月23日(月)~8月3日(金)、8月23日(木)~8月31日(金)の平日

放送時間/午前8:05~11:50

昆虫、天文・宇宙、鳥、恐竜など各ジャンルの先生たちが、子どもの日頃抱いている疑問に答えてくれます。

直接電話で質問に答えてもらえるのが、嬉しいですよね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

放送事故?

この夏休み子ども科学電話相談では、放送事故スレスレと度々話題になっているようです。

 

放送事故とは

放送事故は当初予定していた通りに物事が進まず、放送の品質が保てない状況のことを言います。

子どもたちのぶっ飛んだ質問や、受け答えが予測不可能な番組だからこそ、起こるアクシデントも多いようです。

 

放送事故パターン

ツイッターを覗いていると、放送事故になるにはある程度パターンが決まっているようです。

まず、先生の勢いや思いがけない返しに黙りこんでしまうパターンです。
必死に先生がテンションをあげようと試みても、だんまりしてしまうこともあります。

 

話が専門的すぎて、ついていけない子どもも続出しているようで、だんだん興味を失っていく子もいたりするようです。

 

また、子どもだけでなく先生たちもなかなかのツワモノぞろいで、恐竜専門のダイナソー小林先生が、鳥専門のバード川上先生と自論でバトルを繰り広げるという展開もあるようです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

聞き逃し情報

もしも聞き逃してしまった場合にも、安心してください。NHKのらじるらじるで聞き逃し配信しています

なかなかスケジュール通りに進まない子育てですから、聞き逃し配信があるのは嬉しいですね。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

面白ポイント

子どもたちの質問

質問してくる子どもたちは、大人が考えつかないような質問をぶつけてきたりします。
その心のピュアさを垣間見れるのも、この番組の面白さかもしれませんね。

 

先生のユニーク答え

先生がまだ公には発表されていないことを口走ってしまったり、突然他の先生とバトルを繰り広げたり、とにかくキャラが濃いです!

過去の放送では、大嘘を答えたりなんてした先生もいたそうです。

 

アナウンサーの返し

そんな放送事故連発の番組の途中に、アナウンサーの優しい相槌や、子どもたちへの優しい声かけが入ります。

その言葉や声色に癒される大人も多いんだとか・・・

 

 

スポンサードリンク

 

 

まとめ

夏休みに放送されている、夏休み子ども科学電話相談の聞きどころについてまとめました。

  • 放送事故必須の番組
  • 先生の個性が強いのも魅力
  • 子どものテンションの上がり下がりにも注目
  • アナウンサーの優しさに癒される大人も

 

子どもたちが日頃抱いている疑問は、大人が思いつかないような純粋で、確かにそうだなと思ってしまう疑問も多いのではないでしょうか。

ぜひ、お子さんと一緒に夏休みの午前中、ちょっとした勉強も兼ねて、ラジオを付けてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

こちらも読まれています