皆既月食7月28日!沖縄で見られる方角と時間帯は?おすすめスポットも

2018年7月28日に、今年2度目の皆既月食が見られることを知っていますか?

皆既月食は地球と月、そして太陽が一直線にならなければいけないので、非常に貴重な現象なんです。

そんな貴重な機会が、この夏休み期間にやってくるということで、子育て中のママは自由研究の課題にしようと考えている人もいるのではないでしょうか。

今回の皆既月食の見られる時間やオススメスポットなどを、まとめていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

皆既月食とは

皆既月食とは、太陽、地球、月が一直線になることで、月が地球の陰になり欠けて見えたり、赤く見えるようになる現象のことを言います。

それぞれが、それぞれの速度で動いているので、この3つが重なることは非常に稀で、さらに月の見える時間帯に重なるという条件も加わって来ます。

今回の月食も、東京や大阪などでは完全な皆既月食になる前に、日の出時間、そして月没を迎える予報となっています。

その中でも九州・沖縄エリアでは、比較的長く見られると言われているので、ぜひチェックしてみましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

時間帯

 

時間帯

月食の始まり:3時24分
皆既月食の始まり:4時30分
完全な皆既月食:5時22分
沖縄の日の出:5時53分
沖縄の月の入り:5時57分
皆既月食の終わり:6時13分
月食の終わり:8時29分

沖縄ではなんとか完全な皆既月食まで見られそうですね。

ただ、見られる時間が限られていることと、日の出が近づき空が明るくなってくるので、事前に見られる方角や場所を確認しておくことをオススメします。

 

 

スポンサードリンク

 

 

方角

月食の始まりには、月は南南西の方角に見えます。

その後、時間の経過とともに少しずつ移動し、完全な皆既月食になる頃には西南西の方角にあります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

オススメスポット

屋宜原

アクセスの良さから中部の夜景スポットとしても人気の高い屋宜原。

ホテルの跡地の小高い場所から街並みを見渡せるようです。

明け方の比較的涼しい時間でもあるので、ぜひ車を降りて外に出て見てみて下さいね。

 

宮城亜沙香さん(@asaka.58)がシェアした投稿

 

詳細
屋宜原
住所:〒901-2304 沖縄県中頭郡北中城村喜舎場1478

 

茅打ちバンタ

高さ約80mの断崖絶壁の芽打ちバンタは、国立公園にも指定されている美しい海が見渡せる公園です。

天の川が見られるほど、美しい星空が見られると人気の高い場所になっています。

ただ、美しい星空が見られるとあって、周辺道路は灯りがほとんどないので、懐中電灯など持っていくことをオススメします。

 

詳細

芽打ちバンタ
住所:〒905-1422 沖縄県国頭郡国頭村宜名真

 

 

スポンサードリンク

 

 

自由研究にしよう

皆既月食を自由研究に取り入れたいと考えているお子さん、ママさんに基本的な流れをご紹介します。

まず、用意するのは以下の道具です。

準備物

記録用紙
筆記用具
スマホ
必要であれば懐中電灯

 

記録用紙

記録用紙は国立天文台や企業のサイトにてダウンロード出来るようになっているものもあるので、使ってみても良いですね。

 

普段の天体観測では1時間置きの星の位置や動きを調べる方法でも良いのですが、皆既月食は非常に短い時間で、刻一刻と状況が変化します。

5分から10分ごとに記録を取ると詳しく残すことが出来ますね。

 

スマホ

その時間を測るのに使えるのがスマホです。
タイマー機能を利用して、正確な間隔で記録をとりましょう。

コンパスアプリを使えば、月の見える位置や方角を知るのにも使えますね。

そのほかにも、月の出ている角度は、拳でおおよそ測ることが可能です。腕を肩の高さに伸ばして、拳ひとつ分を10°として計測していきましょう。

 

時間、方角、角度、月の形を記録用紙にまとめておけば、自由研究もほぼ完成!
あとは自宅に帰ってまとめましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

まとめ

以上、沖縄での皆既月食についてまとめました。

  • 日本の中で特に長く見られる
  • 主に西の空に見られる
  • 事前に見られる場所を探しておく

 

見られる機会が非常に少ない皆既月食。

沖縄では、お天気が良ければ比較的好条件で見られるようなので、ちょっと早起きして皆既月食を見に出かけてみませんか。

オススメスポットなど、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

こちらも読まれています